イギリスの労働者階級にスポットを当てたブランド『A-Cold-Wall*』を紹介するグゥ!

こんにちは、サイヴォーグくんだグゥ!

今回はイギリスの下流階級(労働者階級)にスポットを当てたブランド『A-Cold-Wall*』について紹介するグゥ!

15歳からデザインを研究し、21歳でデザイン会社にスカウトされて広告業界でグラフィックデザイナーをしていた『Samuel Ross(サミュエル・ロス)』が率いるブランドだグゥ。彼はかつてOff-WhiteのVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)の元でアシスタントも務めていたグゥ。

A-Cold-Wall*について

A-Cold-Wall*の概要

ロンドンのストリート カルチャーと英国労働者階級の時代精神に対する主張を衣服で表現するため、Samuel Ross は 2015 年の秋に A-Cold-Wall* を立ち上げて、独占による不均衡と若さの表現をコンテンポラリー ファッションへ映し出しています。

メンズの既製服に見られる美学の方向性には、グラフィック デザインとイラストレーションの素養、そして Off-White の Virgil Abloh と共に働いたクリエイティブな経験が現われています。

Ross の明確な特色である多面的ビジョンは、ハンドメイドのグラフィック T シャツやフレンチ テリーのリバーシブル フーディに顕著です。 ロゴをプリントしたプルオーバー、ラウンジ パンツ、 フード付きジャケットの組み合わせなど、A-Cold-Wall* は慣習に囚われないテーラリングと無駄のないデザインのコレクションを提示します。

引用:SSENSE

A-Cold-Wall*は、イギリスの労働者階級と都市環境の衝突を服を通じて表現しているグゥ。ムラのある染色や露出した糸くずは作業着を彷彿とさせるグゥ!

イギリスの身分制度

日本人はあまり馴染みが無いグゥが、イギリスには3つの身分制度が※現在も存在するグゥA-Cold-Wall*をより深く理解して頂くために軽く紹介するグゥ。

※法律で定義されている訳では無いけど、イギリス国民の意識に浸透しているグゥ。

3つの身分制度

Upper Class(上流階級)⇨ 貴族・資産家など

Middle Class(中流階級)⇨ 弁護士・教師などの所謂ホワイトカラー職

Lower Class(下流階級)⇨ 肉体労働職

イギリスでは階級の差によって話す英語のアクセントも異なり、上流階級の人たちは『クイーンズイングリッシュ』と呼ばれる貴族の気品ある英語を話すグゥ。一方で下流階級の人々は『コックニー』という強い訛りのある英語を話すグゥ!

A-Cold-Wall*は、この3つの階級の中でLower Class(下流階級)にスポットを当てているグゥ。服の質感やデザインが作業着を彷彿とさせるのもこれが理由グゥ。

デザイナーであるSamuel Ross(サミュエル・ロス)自身も下流階級(労働者階級)の出身グゥ。

デザイナー:Samuel Ross(サミュエル・ロス)

Off-WhiteのVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)のクリエイティブアシスタントして、2年間経験を積んだ後に自身のブランド『A-COLD-WALL*』を立ち上げたグゥ!

過去のコレクション

2018秋冬

PVC製のコートや長靴は工事現場の作業員を彷彿とさせるグゥ。ここでもSamuel Ross(サミュエル・ロス)は、下流階級(労働者階級)の世界観を色濃く反映しているグゥ。

雨天時の工事現場に居ても違和感を感じないと思うグゥ・・・。

デザインは工事現場的だけど、Samuel Ross(サミュエル・ロス)が演出する世界観には何故か気品すらも感じるグゥ。個性的なデザインの服にやわらかい色を合わせることで上手く中和されているグゥ!

2018春夏

サイヴォーグくんがオススメするセレクトショップ

2003年創業のカナダに本拠地を置く高級オンラインセレクトショップ。 服、シューズ、アクセサリーなど150 を超えるブランドを取り扱っているグゥ。 ラグジュアリーアイテムを得意とし、世界の月間訪問者数は 200 万人を超えるグゥ。 また、日本語にも対応していて安心できるグゥ。

最後に

今回はイギリスの下流階級(労働者階級)にスポットを当てたブランド『A-Cold-Wall*』について紹介したグゥ!

Samuel Ross(サミュエル・ロス)が、Off-WhiteのViegil Abloh(ヴァージル・アブロー)のクリエイティブアシスタントとして得た経験が非常に輝いていると感じるグゥ。

イギリスの労働者階級から始まった『A-Cold-Wall*』のファッション業界での快進撃は、今後も勢いを増していくと思うグゥ。