カルト的人気を誇り、ラグジュアリーファッションに変革をもたらす存在『Vetements』。

こんにちは。Cyvogue編集部です。

ファッションに敏感な人であれば『Vetements(ヴェトモン)』を知らない人はおそらく居ないでしょう。

設立は2014年と、あまり年数が経っていないにも関わらず今やファッション業界を牽引するポジションにあります。

アーティストやセレブは勿論のこと、ストリートのユース達までもが『Vetements』を身に着けており、従来のハイブランドの概念を破壊したと言っても過言ではありません。

今回はそんな『Vetements』について紹介していきます。

Vetementsの概要

パリを拠点にする Vetements は、絶え間ないブランドのイメージ刷新と周期的なファッションの焼き直しからの自由を目指して、若きデザイナーたちが立ち上げた集団です。 そして、テーマを決めたシーズン毎のコレクションではなく、リアルタイムでアピールするインパクトの強い個性的な作品作りを念頭に、頭でっかちなデザインに代わる新たな方法を提案しています。 チーフ デザイナー Demna Gvasalia のほか、Maison Margiela、Louis Vuitton、Balenciaga、Céline、アントワープ王立芸術アカデミーなどを経てグループに加わったメンバーは、 オーバーサイズのトラウザーズやオーバーコート、カットオフの裾、ロング ニット、アシンメトリーなシェイプなど、エレガントに表現したメンズウェアにラフで脱構築的な要素を取り入れています。

引用:SSENSE

『Vêtements』とはフランス語で衣服を意味し、2014年にGeorgian Demna Gvasaliaによって設立されたブランドです。

 デザイナー:Georgian Demna Gvasalia

Demnaは、ベルギーのアントウェルペンにある芸術学校『Royal Academy of Fine Arts (Antwerp)』、日本語でアントウェルペン王立芸術学院を卒業しました。卒業後、Demnaはパリに移住し、Maison Martin Margiela・Louis Vuittonを経て『Vetements』を設立しました。

過去のコレクション

2016春

Demnaがデザインする作品達は、非季節性・非テーマ性・非ジェンダー性・非贅沢のテーマがあり、一見するとチープにも見える作品達ですが、その背景には「視覚的に豪華で高価に見えないようする」というDemnaのポリシーがあります。

Tシャツの袖にテキストがプリントされた『Vetements』の代表的なアイテム。この頃から様々なブランドが袖にプリントするスタイルを模倣し始め、今では主流のスタイルになりました。

Championとコラボし、アバンギャルドなハイファッションとカジュアルなスポーツウエアが融合したアイテムを発表しました。

こちらは後にVetementsの代名詞ともなる『タイタニック フーディー』です。フロントにはタイタニックのポスターにも使われた有名なシーンをプリントし、袖にはCOMING SOONの文字がプリントされています。

タイタニックのポスター

2016秋

イギリスのバンドCradle Of Filthのアルバム名でもある『Total Fucking Darkness』が背面にプリントされたパーカー。

こちらはファッショニスタの間で凄まじい人気を誇り、一時期はインスタグラムに『Total Fucking Darkness』パーカーを着用した写真を投稿する人がたくさん現われました。

2017春

ロングベルトが特徴的なSPRING 2017コレクションですが、『Vetements』が複数のブランドとのコラボレーション発表したシーズンでした。

代表的なところで言うと、Levis・Reebok・Champion・カーハート・ALPHA INDUSTRIES(アルファ インダストリーズ)などがありました。

2017秋

おそらくFALL 2017の作品達を見て少しガッカリした方もいるのではないでしょうか?私もその中の一人ではありますが、このシーズンは『Vetements』史上、最も話題にならなかったシーズンだったと記憶しています。

コレクション発表直後は、ショーの開催場所(空港で行われました)や、奇抜な先品達で盛り上がりましたが、いざ販売開始となっても購入した方が少ないように感じます。普段の『Vetements』であれば即ソールドアウトになっているものですが、FALL 2017に限っては、セール価格で売り出しているショップも存在しました。

2018春

SPRING 2018は『Vetements』のデザイナー:デムナ・ヴァザリアが、「I got bored.(飽きちゃったんだよ)」と発言し、今後ファッションショーを行わない旨を発表した後のコレクションでした。

コレクションの発表はファッションショーではなくストリートに移され、モデルもプロではなく一般人が行いました。

2018秋

どこで購入できるの?

Vetementsは世界中の限られたセレクトショップでのみ取扱があります。日本国内では、東京・表参道にある「アディッション アデライデ(ADDITION ADELAIDE)」で取り扱っています。ですが価格設定が高めなので、国内正規品にこだわりの無い方でしたら海外セレクトショップでの購入をオススメします。

Cyvogueオススメの海外セレクトショップ

1987年にロンドンで設立されたセレクトショップ。現在では世界190カ国以上に商品を展開しており、メンズ、レディース共に高級デザイナーズブランドを取り揃えています。価格・配送スピード共に文句なしで、一番オススメできるショップです。

2003年創業のカナダに本拠地を置く高級オンラインセレクトショップ。 服、シューズ、アクセサリーなど150 を超えるブランドを取り扱っています。 ラグジュアリーアイテムを得意とし、世界の月間訪問者数は 200 万人を超えます。 また、日本語にも対応しており、送料や関税の面もクリアなので安心してお買物できます。

最後に

2014年のブランド設立以来、既存のファッションを否定し、独自のスタイルを築き上げてきた『Vetements』。

デザイナーの『Demna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)』は、Balenciagaのアーティスティック・ディレクターも務めるなど、活躍の場所をどんどん広めていっています。

間違いなく今後のファッション業界にも変革をもたらしてくれるであろう『Vetements』と『Demna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)』に今後も要注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です